アコムのレディースローンは女性におすすめ!特徴や審査などを比較解説

アコムのレディースローンは女性向けに特化したカードローンです。女性におすすめとはいえ「自分に合っているの?」「安心して使える?」と疑問を感じる方も多いでしょう。

この記事ではアコムのレディースローンの、こちらの内容を解説していきます。

  • レディースローンの特徴
  • 審査の内容
  • 借入方法

アコムの通常のカードローンとの違いや、プロミスやレイクALSAといった他社の女性向け商品とも比較しています。

アコムのレディースローンで借りようか迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

アコム レディースローンの特徴は?スペックをまとめて解説

アコム レディースローンの特徴をまとめてみました。下記の表からスペックが確認できます。

借り入れ限度額 1~800万円
金利 年率3.0~18.0%
遅延利率 年率20.0%
申し込み手段
  • Web申し込み
  • 店頭窓口
  • 自動契約機(むじんくん)
  • 電話
  • 郵送
  • 最短借り入れ日 最短即日
    無利息サービス 最大30日間
    返済日 毎月任意の指定日・35日ごとの返済(口座振替の場合、毎月6日指定)
    提携ATM セブン銀行ATM・E-net・ローソン銀行ATM・三菱UFJ銀行・イオン銀行
    申し込み資格 継続して安定した収入を得ている方
    使用使途 自由
    コールセンタースタッフ 女性のみ

    アコム レディースローンをおすすめできるのは、次のような人です。

    • 即日借り入れたい人
    • 女性に対応して欲しい人
    • 無利息サービスを利用したい
    • 初めて消費者金融を利用する人

    アコム レディースローンは女性向けに特化したカードローンです。女性専用ダイヤルなど女性に嬉しいサービスを提供しながら、借り入れ限度額、金利、30日間無利息キャンペーンなど通常のアコムカードローンと同様のスペックも併せ持っています。

    最短即日融資などにも対応しているため、顧客に好評の従来の機能と共に、女性に配慮したローンだといえます。

    女性専用ダイヤルが利用できる時間はプロミス、レイクALSAよりも長く、「女性に安心して使用して欲しい」というコンセプトを強く感じます。

    またアコムは創業42年の老舗なので、カードローンに対する知識が豊富です。

    今までキャッシング経験がない方、一から説明して欲しいといった人には小さな疑問も回答してくれるため向いているでしょう。

    申し込みから返済相談まですべて女性スタッフが対応

    アコムのレディースローンでは24時間対応の女性専用ダイヤルを設けています。申し込みから返済の相談まで、すべて女性スタッフでの対応が可能です。

    女性は男性よりも消費者金融で借りるのに抵抗を感じるものです。

    「店舗で借りたくない」「自宅に郵送物を届けて欲しくない」など誰かに利用をバレないかをとても気にします。

    女性スタッフであれば、その気持ちは共感されやすいですし、親身になって対応してくれます。

    滞納した場合も女性スタッフなら安心

    滞納した際も「怒鳴り声をあげられるのではないか」「きつい物言いをされそう」と不安な方も多いでしょう。

    今では大分クリーンな環境に変化した消費者金融ですが、まだ昔のイメージがある方は男性スタッフでは萎縮してしまい、相談しにくい方も多いのではないでしょうか。

    申し込みから返済相談まですべてを女性スタッフに相談できるのは嬉しいですよね。

    夜間や混雑時は男性スタッフが応対する可能性

    ただし1つだけ注意点があります。夜間や混雑時は女性専用ダイヤルでも、男性スタッフが対応する場合があります

    これを避けるにはお昼や夕方といった混雑する時間や、深夜といった夜勤スタッフが少ない時間帯にかけてはいけません。

    これらの時間を避けて女性専用ダイヤルにかけてくださいね。

    アコムの女性専用ダイヤルのスペックは?

    以下でアコムの女性専用ダイヤルの詳しいスペックを載せています。

    アコムの他にもプロミス、レイクALSAといった人気の消費者金融との比較も掲載しているので、比べてみてください。

    女性専用ダイヤル 設置 受付時間 夜間や混雑時の対応
    アコム 24時間対応 一部男性スタッフ
    プロミス 9:00~18:00 (平日) 一部自動音声
    レイクALSA × × ×

    上記のようにアコム、プロミスは女性専用ダイヤルを設置しています。アコムの方が24時間対応なのに比べて、プロミスは平日の9:00~18:00までです。アコムの方が営業時間が長くなっています。

    一方、レイクALSAの方は、女性専用ダイヤルはありません。ただし女性スタッフは多く在籍しているため、受付の際、女性の対応をお願いすると変わってもらえます。

    また申し込みを迷っていて、どこの金融機関か決めかねている方は電話で質問するのをためらうかもしれません。

    アコム、プロミス、レイクALSAは対面、電話以外でもチャットでの相談も設けています。個人情報は記載できませんが、公式ホームページを覗いても分からなかった疑問などに答えてもらえます。

    電話もハードルが高いという方は一度利用してみてはいかがでしょうか。

    アルバイトやパート、派遣社員でも申し込み可能

    アコムのレディースローンではアルバイトやパート、派遣社員でも申し込めます。申し込み条件は通常のアコムのローンと変わりはありません。

    アコムが審査基準としてあげているのは「継続して安定した収入が見込める、20歳以上の方」です。つまり学生でも20歳以上で収入がある方は申し込めるようになっています。

    基本的に2~3か月ほど同じ職場で働いていれば雇用形態はあまり問われません。ただし「継続して」とつくため、雇用期間が短い「短期派遣」や、日雇いの「登録制アルバイト」のような働き方の人では審査に通りにくいでしょう。

    同じ理由で、産休や育休のため「休業中」の方も審査に通るのは厳しいです。産休や育休中に給料を出してくれる企業が少なく、「休業手当」という名目で勤務先から金銭が支給されるからです。

    現在収入がない状態として扱われてしまうため、アコムの審査基準である「安定した収入がある」状態とはいえません。

    一方、専業主婦は例え夫に稼ぎがあっても自分名義の収入でないため、審査でははじかれてしまいます。無職の方も同じ理由で審査には通りません。

    審査に通るのは「20歳以上で、現在自身が働いている状態で、継続して安定した収入が2~3か月ある方」です。

    アルバイトやパート、派遣社員なら審査基準を満たしているため、審査に通る確率も高くなるでしょう。

    以下がアコムとプロミス、レイクALSAの審査基準と対象となる職業体系です。

    年齢 担保・保証人 申し込み条件 アルバイト・パート 派遣社員 専業主婦 無職
    アコム 20歳以上 × 継続して安定した収入を得ている方 × ×
    プロミス 20~69歳 × 安定した収入を得ている方 × ×
    レイクALSA 20歳~70歳 × 安定した収入を得ている方 × ×

    アコムとプロミス、レイクALSAともに同様の条件を設けているのが分かります。

    24時間申し込み可能!最短即日借り入れ

    アコムではインターネットからなら24時間申し込みが可能です。最短30分で審査が終わるため最短即日融資も可能になります。スマホやタブレットから手早く行えるため、融資を急いでいる方にピッタリな方法です。

    アコムのレディースローンには以下の5通りの申し込み方法があります。

    • Web申し込み
    • 店頭窓口
    • 自動契約機(むじんくん)
    • 電話
    • 郵送
    Web申し込み

    Webからスマホやパソコンを使用して申し込む方法です。自宅に居ながら操作できるので、忙しくて店舗に行けない、店頭で申し込みたくない方におすすめです。

    操作方法は、必須項目を記入して、アプリやwebから必要書類をアップデートすれば完了します。口コミでも操作が大変やりやすかったと好評です。

    Web申し込みは24時間対応していますが、アコムの審査時間は9:00~21:00(土日祝含む)までなので、21時以降は明日以降に審査されます。即日借り入れしたい人は19時までに申し込んでおきましょう。

    店頭窓口

    アコムの店頭窓口で申し込む方法です。9:30~18:00(土日祝日は休業)まで営業しています。

    店頭窓口は対面で相談できるメリットがあります。電話申し込みでは相手の顔が見られないため、口の動きが分からず聞き間違いも想定されます。

    特に日にちや利用希望額などの数字は聞き取りにくく勘違いする可能性は否めません。

    対面なら声が聞こえない、周りの音にかき消されるといった電子機器ならではのデメリットはありません。ただしアコムの店舗は全国に4店しかないため利用できる地域は限られています。

    • 東京都
    • 神奈川県
    • 大阪府

    上記の地域で利用できます。その内、大阪は2店舗あります。アコムの店舗近くにお住まいの方なら検討しても良いかもしれません。

    電話

    アコムでは電話での申し込むも行っています。24時間対応しており女性専用ダイヤル(0120-07-1000)も完備。電話で申し込んだ後、契約には以下の5通りの内いずれかを選ぶ必要があります。

    • インターネット
    • 店頭窓口
    • 自動契約機
    • 郵送
    • FAX送信

    この中から1つを選択して申請してください。

    自動契約機(むじんくん)

    自動契約機(むじんくん)は無人の契約機で、誰とも会わずに契約が可能です。営業時間は9:00~21:00(土日祝日も営業)で店頭よりも長く空いており、全国に約1000店舗あるため利用しやすい環境。

    契約が完了すれば、併設のATMからすぐに借り入れできるのも便利です。

    郵送

    アコムでは郵送での申し込みも可能です。郵送でアコムと契約書やカードのやり取りをする方法となります。

    まず、アコムコールセンター(0120-07-1000)に電話をして申し込み用資料を入手。書類の宛名にはアコムの名前ではなく「ACサービスセンター名」で宅配されるので安心です。

    必要項目を記入し、本人確認書類などの写しを同封してアコムへ返送します。契約成立後、自宅に契約書類とカードが届きます。

    電子機器の操作に慣れていない、自筆で記入したい方にあった方法です。書類を届けてもらってゆっくりと検討した場合にも良い手段です。

    上記では、アコムの申し込み方法を紹介しましたが、融資を申し込む際は、本人確認書類が必要となります。以下がその一覧になります。

    提出方法 必要書類 備考欄
    アプリ(myac) 運転免許証、保険証、パスポート、マイナンバーカードの内、いずれか1点
    Webからアップロード、FAX、郵送 運転免許証、保険証、パスポート、マイナンバーカードの内、いずれか2点 1点のみの場合、住民票のコピー、公共料金の領収書(発行から6か月以内)のいずれかを合わせて提出
    店頭窓口・自動契約機(むじんくん) 運転免許証、保険証、パスポート、マイナンバーカードの内、いずれか1点 保険証を提出した場合、住民票のコピー、公共料金の領収書(発行から6か月以内)のいずれかを合わせて提出

    提出方法により必要な書類の数は違うため、申し込む際は上記の内容を確認してください。

    さらに下記にアコム、プロミス、レイクALSAの申し込み方法の詳細を載せてみました。それぞれ申し込み方法や対応時間などが異なるため参考にしてみてください。

    申し込み方法 WEB 店頭窓口 自動契約機 電話 郵送 審査時間 融資時間
    アコム 24時間対応可 9:30~18:00(土日祝日は休業) 9:00~21:00(年中無休、ただし年末年始は休業) 24時間対応可(土日祝日も営業) 最短30分 最短即日融資
    プロミス 24時間対応可 10:00~18:00(土日祝日は休業) 9:00~21:00(年中無休、ただし一部店舗により時間帯は異なる) 9:00~21:00(土日祝日も営業) 最短30分 最短1時間
    レイクALSA 24時間対応可 × 9時~22時(日曜日以外)9時~19時(日曜日のみ) 24時間対応可(土日祝日も営業) × 最短15秒 最短1時間

    アコムとプロミスは申し込み方法は、ほぼ同じ手段が使えます。時間のみ異なるので、気をつけてください。

    レイクALSAはレイクALSA専用の店舗はありません。郵送の手段もなく、広告でもうたっているWEB完結を強くアピールしています。

    申し込み・契約方法に注意すれば他人にばれない

    アコムのレディースローンを申し込む場合、申し込みや契約方法に注意すれば他人にばれる心配がいりません。

    特に周囲にバレないか心配な面として以下の内容があげられます。

    • 店舗を利用しなければならないのか
    • 在宅確認
    • 契約書の送付

    順にコツを紹介します。

    店舗を利用しなければならないのか

    アコムではレディースローンの申し込みの場合、Webから手続きが行えます。Webから24時間アクセスが可能なので、店舗に出向かずに審査が可能です。

    ただし、アコムではカードレスではないため、ローンカードを受け取る必要があります。郵送以外の手段を選ぶなら店舗に行く必要が出てきます。

    Web申し込みなら事前に手続きが完了しているので、カードを受け取りに寄るだけで完了します。待機時間はそれほど必要ありません。

    実際にカードを受け取るには、以下のどれか1つを選択する必要があります。

    • 店頭窓口
    • 自動契約機(むじんくん)
    • 郵送

    この内おすすめなのが、自動契約機(むじんくん)の利用です。店頭窓口よりも営業時間が長く、最寄り駅近くや繫華街などの近場に設置されている場合が多く大変便利です。

    カードを受け取れるATMもパーテンションで囲われた個室にあるため、操作しているところを他人に見られる心配はありません。

    自動契約機(むじんくん)に入るところを見られなければ周りにはバレないでしょう。

    在宅確認

    在宅確認とは、審査をする際、申し込み書類に書かれた勤務先に「本当にその人は勤めているのか」を確認するための作業です。

    融資してもらうために嘘の勤務先を書く人も中にはいるため、きちんとチェックされています。

    在宅確認を行うにあたって「同僚や周りにアコムで借り入れするのがバレないか」「自分が席を外していたらどうするのか」といった悩みがあることあるでしょう。

    アコムの在宅確認ではアコムの会社名は名乗りません。スタッフの個人名を電話口で告げるので安心です。貸金業法でも顧客が金融機関を利用しているのを第三者に告げてはいけないルールが設けられているため心配はいりません。

    アコムは創業42年の老舗ですから、きちんと周りにバレたくない顧客の心理を理解しているのです。

    自身が席を外していた場合でも、電話に出た部署の人が「○○は今席を外しています」と答えるだけで審査は終わります。

    本当に顧客が勤めているのか確認したいだけなので、本人が出なくても勤めていると分かれば上記の対応でOKです。

    ただしアコムの電話は基本的に非通知でかけられるため、電話に出た人が不振がって「いない」と答えれば審査には通りません。

    事前に部署で「クレジットカードの審査で電話がある」など知らせて置いた方が良いでしょう。

    また自分が会社にいる時間帯をアコム側に知らせておいた方が無難です。他人が電話に出ずに自身で対応できます。

    電話の担当者の性別もそのときに「女性がいい」など指定できるので、その際にリクエストしても良いかもしれませんね。

    ちなみに派遣社員の方は、基本的に勤務先ではなく、派遣先に電話がかかってくるため注意しましょう。

    自動契約機(むじんくん)や店頭窓口で申し込んだ場合は、待機中に会社に在宅確認がされます。申し込んだ日に会社が休みのときは、即日審査とはなりませんので、気をつけましょう。

    契約書の送付

    アコムで契約した際、店頭窓口と自動契約機「以外」で契約した場合は契約書類一式が自宅へと送付されます。送付名はアコム名ではなく「ACサービスセンター名」で送られるため、家族にバレる確率は低いと思われます。

    しかし万が一を考えて送って欲しくない方も多いでしょう。アコムでは契約書送付を電磁交付に替えられます。審査通過後に送られてくる「契約手続きのお願い」のメールから電子書類への変更設定が可能です。

    契約書以外でも明細書などの内容もマイページ内で確認できるため、アコムからの自宅への書類の送付を省略できます。

    アコムは消費者金融です。昔のイメージから消費者金融は闇金と捉えている方も一定数いますが、闇金ではありません。きちんと法律に認定された一般の貸金業者です。

    そのため顧客に圧力をかけたり、強い物言いをしたりするのを法律で禁じています。

    しかし男性よりも女性の方が貸金業者でお金を借りている事実を周りに知られたくない想いが強いです。「誰かに利用されているところを見られたらどうしよう」「もし家族に郵送物が見つかったら‥‥」

    このような想いを抱えている方は大勢います。上記の手段を取ればその気持ちも和らぐでしょう。

    アコムでクレジットカード発行もできる

    アコムではローンカードだけではなく、クレジットカード(ACマスターカード)も発行できます。

    ローンカードにクレジットカード機能を付帯できるため、1枚でキャッシングとショッピング利用が可能です。財布の中身がスマートになります。

    カードは国際ブランドであるMastercardのデザインなため、一見してアコムのカードとは分からないところが魅力です。

    自動契約機(むじんくん)なら即日最短発行も可能なため、アコムのキャッシング利用開始と共にACマスターカードが持てます。

    ただしACマスターカードは返済方法が自動で「定率リボルビング払い」になるので気をつけましょう。定率リボルビング払いとはリボ払いのことです。

    店頭で会計時に「一括払い」とスマートに言え、レシートにも支払い方法が一括と書いてあるので、周りに「リボ払い」での返済とはバレません。

    しかしリボ払いは、以下のデメリットがあります。

    リボ払いとは、カードの支払い方法の名称で、利用金額や回数に関わらず、あらかじめ決めた一定額で毎月支払いをすることです。ミニマムペイメントと呼ばれることもあります。カードの利用額が支払残高に組み込まれ、毎月手数料が生じる仕組みです。

    月々の支払いを一定額に抑えることができる一方、支払いが長期化し、消費者が意図しない高額な手数料が発生することがあります。仕組みを理解した上で、計画的に利用することが望ましい支払い方法です。(引用元:http://www.kokusen.go.jp/t_box/data/t_box-faq_qa2017_19.html

    つまり毎月の購入額が増加していても、毎月の支払い額は変わらず固定になります。返済額が増えないから、気軽に高価な買い物を行いやすく、気づいたときには膨大な請求額になりかねません。

    総額が多いと利息から減らしていくため、元金がまったく減らず、支払いが永遠と続く可能性が高いのです。ACマスターカードを利用する場合は、きちんと返済計画をたてる必要があります。

    アコム レディースローンと通常のアコムカードローンの違いは

    アコム レディースローンと通常のアコムカードローンに違いはありません。申し込み方法や返済方法の種類、金利、融資枠もすべて同じです。

    1つだけ違うのは女性専用ダイヤルの存在でしょう。通常のアコムカードローンは女性オペレーターもいますが、男性に対応されるケースも高いです。

    アコム レディースローンなら女性オペレーターが申し込みから返済まで対応してもらえるので、「男性に私生活の相談をするのが抵抗ある」「消費者金融は怖いイメージがあるから女性に対応して欲しい」といった方におすすめです。

    アコム レディースローンの口コミ・評判は?

    アコムで借りるにあたって気になるのは周りの評判や口コミですよね。実際に使用した人の意見が聞けると、自身の不安や迷いがはれます。

    アコムで満足度が高い口コミは以下のものです。ぜひ参考にしてください。

    審査が早い

    アコムでは最短30分で審査が完了します。審査が早いと融資速度もスピーディーなため、大変好評なようです。口コミでも半日から1日以内には借りられている方が多いです。

    審査や融資速度は、借入時に一番重要視する項目としてあげられています。冠婚葬祭や友人との旅行など、急な出費で急いで借りたい方が多い傾向にあるためです。

    また初めてキャッシング申し込みをした方は、審査に通るかドキドキして待つよりも時間は短い方が良いでしょう。

    アコムの審査時間は9:00~21:00(土日祝日も営業)です。本人確認書類一式さえあらかじめ準備しておいたら早く審査が終わるため、事前に準備しておくのをおすすめします。

    オペレーターが女性で安心できる

    アコムのレディースローンは、女性専用ダイヤルを利用できるのが高ポイントです。初めてキャッシングを利用する方は全部が分からないため、一から丁寧にレクチャーして欲しい人が大勢います。

    やはり消費者金融は怖いイメージがあるため、女性に受け持ってくれた方が、気軽に質問できるでしょう。返済できるか不安といった悩みや滞納しそうな場合でも、女性スタッフなら男性より言い出しやすいでしょう。

    また審査の必要性から詳しく家庭環境や使用用途などを聞かれることも想定されます。

    使用用途を聞かれた場合、「ブランド物の希少なバックが欲しいから借りたい」「生活費に困っていて」などの事情は話しづらいものです。

    特に相手が男性の場合はなるべくなら避けたいと思う女性が多いのではないでしょうか。さらに24時間対応なので、いつでもかけられて便利です。

    評判や口コミの満足度が高い

    アコムではこれまで250万人以上の女性が利用してきました。創業42年の老舗ですから、女性の不安や疑問、改善ポイントなども熟知しているのでしょう。評判や口コミを調べたところ、満足度が高いのが特徴です。

    アコムのレディースローンでは利用者は20代、30代が多く、職業もアルバイトやパート、派遣社員とさまざまです。安定した収入さえあれば、職業体系を問われないようです。

    金利が高いといった口コミも

    アコムのレディースローンは、審査が早い、オペレーターが女性で安心できるといった満足度が高いのが魅力的です。一方で口コミの中に「金利が高い」といった意見も見られます。

    アコムのレディースローンの金利は3.0~18.0%です。100万円未満の融資の場合、金利は上限金利の18%が適用されるケースが多くなっています。

    これはアコムだけではなく、他社の消費者金融でも同じです。少しでも金利を下げたいなら、30日間無利息サービスを利用しましょう。契約日翌日から30日以内なら利息0円で借りられますよ。

    アコム レディースローンの審査に通るためのコツは?

    アコムのレディースローンを利用するには審査に通らなければなりません。アコム側は詳細な審査内容を述べていませんが、最低限必要な基準は明記しています。

    その他口コミ内容から推察すると、おのずとアコムの審査に受かるためのコツが判明します。

    その条件とは以下のものです。

    • 継続的に安定した収入がある
    • 他社での借入額が多くないこと
    • ブラックリストに載っていない
    • 他社数社と短期間に契約していない
    「継続的に安定した収入がある」が最低条件

    最低限審査に通るための基準としてアコムは「継続的に安定した収入がある」をあげています。安定した収入とは2~3か月同じ職場で働いている状態を指します。

    融資者に返済能力があるのが第一の条件なので、このような職場環境は重要ととらえられます。

    他社での借入額も重要

    年収が高い方が良いのはいうまでもなく、他社での借り入れ状態も審査されます。総量規制にかかってくるからです。総量規制とは、年収の3分の1以内でしか金融機関(銀行は除く)は融資してはいけないルールのことです。

    国が制定した法律のため、アコムも他社での借入残高を調べる必要があります。これらの情報は「指定信用情報機関」という組織に開示請求を行うことで得られます。

    過去に滞納していると審査落ちの危険が

    他社との借入残高だけでなく過去の滞納履歴も調べられます。1、2日程度の遅れなら問題ありませんが、過去に滞納を2~3か月していた方は指定信用情報機関に情報がのります。いわゆるブラックリストに登録されるのです。

    登録されると、アコムでの審査に不利になります。一度滞納しているのだから、また同じことを繰り返す可能性があると判断されかねません。

    携帯本体の分割払いやクレジットカード決済の利用履歴なども調べられるため、そこで滞納経験がある人も審査に通るのが厳しくなるでしょう。

    短期間で他社複数と契約している人は審査に不利

    他社で借り入れていなくても、短期間で他社複数と契約している人は不利になります。

    アコムなどの金融機関では、新規契約者が出た場合、指定信用情報機関に報告する義務があるからです。

    アコム側でも開示請求した際に情報を掴んでいるため、審査に通りたいからといって多くの金融機関に一度に申し込むのは止めておきましょう。

    アコムが利用しているのはCICとJICCの2つの機関です。

    上記の内容にもし心当たりがある、もしくは心配な方は一度開示請求を行ってみてはいかがでしょうか。インターネットから税込み1,000円で確認できます。

    返済が間に合わないなら債務整理を検討しよう

    もし他社で借りていて返済が間に合わない、返済するために金融機関から借りている状態になっている方は、思い切って債務整理を検討してみませんか。

    債務整理とは弁護士に債務の相談をし、借金の減額や返済期間に猶予をもたらしてくれる手段です。

    多重債務者などを救うための措置で、借金からは解放されますが、上記の信用情報機関のデータベースに記載されます。

    最大5年間記録され、その間クレジットカード申し込みや住宅ローン車のローンが組めなくなります。

    その他アコムの審査に通るコツとして以下の内容があげられます。

    • 嘘を書かない
    • 事前審査を受けてみる

    どうしても審査に受かりたいからといって虚偽の記載をした場合、審査に通らない、融資額が減らされる可能性があります。

    アコムでは顧客の返済能力を重要視しているからです。

    返済能力とは、きちんと返済計画をたてる、収入がある以外に「誠実に返済する意志がある」ことが大切です。

    嘘を書くのは誠実性に欠ける行為といえます。返済能力なしと判断されても仕方ありません。

    本審査を受ける前にどうしても受かるかどうか心配な方もいるでしょう。

    そのような方には事前審査に申し込んでみてはいかがでしょうか。

    ネットや電話から仮審査が受けられます。すぐに結果が出るため、本審査に申し込む前に一度試してみては?